夕照の女

あなたがくれた真心に
捧げて悔いないこの命
どうせ散るなら誠の夢に
散らせてあげたい男花
京の都にそぼふる雨は
偲ぶ女の祈り雨

「総司さま 死ぬなんてそんな
気の弱いこといわんと…
あんたはんの志を 果たしておくれやす
それまでその命 私が 守り通してみせます」

この身で代われるものならば
あなたの病を背負わせて
願いひとすじとく黒髪が
未練の涙に絡みつく
夕陽悲しい病葉ひとつ
照らす女の高瀬川

「私はほんまに倖せどした
生まれかわってまた二人が巡りおうたなら
そのときはあんたはんの女にしておくれやす」

男の青春を駆けてゆく
背中の細さに泣けてくる
一目みせたい 夜明けの空に
移ろう明日の 曙を
燃えてせつなく心を焦がす
夏の終りの大文字