氷点

冬のこころに 降りてくる
白い花びらに くちづける

命の流れも 止まるくらい
「こおらせてほしい…」とあなたはいう

ひかりあふれる春のように
遠い悲しみも愛せたら…

やさしい鼓動に気付くように
「あたためてほしい…」とあなたはいう