青春の坂道

淋しくなると訪ねる
坂道の古本屋
立ち読みをする君に
逢える気がして

心がシュンとした日は
昔なら君がいて
おどけては冗談で
笑わせてくれた

青春は長い坂を 登るようです
誰でも息を切らし 一人立ち止る
そんな時君の手の やさしさに包まれて
気持よく泣けたなら 倖せでしょうね

言葉に出せない愛も
心には通ってた
同じ道もう一度
歩きませんか

ペンキのはげたベンチに
手のひらをあててると
君のいたぬくもりを
今も感じます

青春は長い坂を 登るようです
誰かの強い腕に しがみつきたいの
君といた年月が 矢のように過ぎ去って
残された悲しみが しゃがみこんでます

青春は長い坂を 登るようです
誰にもたどりつける先は わからない
そんな時ほら君が なぐさめに駆けてくる
倖せの足音が 背中に聞こえる