エデンの夜に

彼女は待ってる白いガラスの部屋で
彼女は待ってる僕の新たなキスを
Ah………
1000年前から君と僕はつながれていた
最後の夜を決めてからとても長い月日さ
Ah………

苦痛に満ちた鮮やかな世界
蘇るその時二人は
恋に飢えたアダムとイブの様に
砂時計に操られ

もしもこの世がただの黒い固まりで
もしもこの世に君が居ないとしたら
Ah………

あの日見つけた氷の薔薇も
僕は触れずにいたんだろう
眠りから覚めてまた果てるまで
濡れたこの夜を飾るだけ
恋に飢えたアダムとイブの様に
月明かりに操られ

水晶の瞳オーロラの胸
裸で交わす幻エンターテーメント
君と二人で光と影の
糸で結んでいたいのさ

眠りから覚めて全て終わるまで
堕ちたこの夜を飾るだけ
恋に飢えたアダムとイブの様に
夜と朝に操られ
操られ………
操られ………