チェリートレイン

大切な友達がそれ以上になった日
君が初めてママに嘘ついた夜
僕らは大人になったんだ

朝焼けの空 ラッシュアワーの人波に紛れて
僕らは照れながら電車に揺られてた

この街が世界の全てだったあの日
明日への不安なんか知るよしもなかった
少しばかりの罪悪感 ポケットにしまって
人波の中笑った君が 呆れる程キレイだったんだ

時間よ止まっておくれ
かぼちゃの馬車なんかいらない

ただこの魔法が解けてしまわないように
君の手を離せないでいたんだ…

空の彼方果てまで 憧れを抱いて
失う事の恐さなんてどうでもよかった
ほんのちょっと優越感 酔いしれてみたりして
握り返した君の温もり ちぎれる程恋に落ちてった

この街が世界の全てだったあの日
明日への不安なんか知るよしもなかった
少しばかりの罪悪感 ポケットにしまって
人波の中笑った君が 呆れる程キレイだったんだ