睡蓮-あまねく花-

色は褪せて 風が病んでく
ただ時間は 流れて

遥かなる 海の底 眠れる魔物たち
密かに 目を覚ます 声にならない慟哭

月明かりが照らす あまねく花よ
凛として咲き誇る 未踏の世界を拓く
月明かりが照らす あまねく花よ
銀の刃の様な 花びらが闇を切り裂く

仮面の中 曝け出せずに
いつか剥がれ落ちてく

怖いのはなくすこと 君が消えることで
心の狭間では 曖昧な記憶に変え

月明かりを受けて 誘う花よ
汚れない手の平で 水面に夢を浮かべる
月明かりを受けて 誘う花よ
絶え間なく降り注ぐ 苦しみは凡て瞬く