夕暮れのうた

真っ赤な夕暮れが 静かな街に舞い降りて

黙って空を見てたら ひこうき雲が横切っていた
なぜかオハヨウからサヨナラの 時間がとても大事で

ガラスの指輪集めて お願いを神様にしていた
みんなといるめちゃ楽しい時間が
とてもゆっくり流れていきますように

揺れてるクローバー ちっちゃな胸をしめつけて
月が光り出したら お家に帰ろう そう思った

影が長くなるたびに つなぐ手を強く握っていた
ピンク色をしたウサギが飛び跳ねて
最後のチャイムを鳴らそうとしていた

真っ赤な夕暮れが 静かな街に舞い降りて
小さく手を振って お家に帰ろう 楽しかった

ララララ ララララ ララララ ユウグレノウタ
ララララ ララララ
真っ赤な夕暮れが…
真っ赤な夕暮れが…