Garden City Life

こうして時は過ぎてく
やになるほどのはやさで
いますぐ本を捨てよう
もうちょっときみと話がしたいんだ

そしてかたつむりのように散歩しよう
うまく水たまりをさけて歩こう
こわもてな落書きには
ぼくらはなんにも感じない

甘くてからい毎日
猫背のままで寝すごした
どうすれば大人になれるんだろ
もうちょっと愛がたりないのかな

ゆうべとつぜんせみが鳴いていたんだよ
ぬけがらのようなぼくもとび起きた
なんだかうまくいえないんだな
だれよりきみが欲しいだけなんだな

こちらはガーデン・シティの太郎さん
きみのごきげんはいかが
あしたまた電話してもいいかな

おなかかかえて笑いあえればいいのさ
雨が河になるまえにぼくら逃げよう

頭はキレるほうじゃないけど
このくらいがラクなんだよな
なんだかうまくいえないんだな
I Love You
I Need You