こんど、君と

今度 君に 会う時は
やさしい季節に 包まれてるだろう

見なれた この街の どこかで
ゆっくり 他愛のない 話をしよう

そんなこと 考えながら
今を 歩いている

想う人がいる 想ってくれる人がいる
小さな 幸せが 支えてくれる

窓から 射し込む 光が
真白な壁に 踊っている

飽きずに それを 眺めている
心はいつか ほどけて 行った

空は今日も 青く 続いてる
すべて 受け入れながら

想う人がいる 想ってくれる人がいる
小さな 幸せが 支えてくれる

woo 歌は 友だちのように
いつも 励ましてくれた

そして歌は やがて みんなの気持ちを
ひとつにして 行くよ

声を合わせて あの歌を
いつか みんなでまた うたおう

想う人がいる 想ってくれる人がいる
小さな 幸せが 支えてくれる

もう少し この先へ
行ってみよう もう少しだけ

もう少しだけ