1920

アネモネ色の溜息 落とし
宵の靄が歩きだす
振り子時計は時を歪ませて
カードを配ってゆく

アントワープの静かなオリンピック
空席だらけのコロシアム
テニスコートの孤独なギャツビーは
どんな野望に敗れたの

かならず 帰る きみのもとへ
もっと強くなって
もしも 過ぎ去った日々が
もう遅いと言っても

セピア色した写真の中の
恋人たちが語りだす
やがて彼女は群衆にもまれ
彼の船に手をふった

かならず 帰る きみのもとへ
もっと強くなって
それは消えることのない
愛の誓いだった

かならず わかる ふり返れば
何を追いかけたか
それは変わることのない
あと100年経っても

振り子時計は時を歪ませ
カードを配り続ける
私は何を見ているのだろう
今とあのときのあいだに