ホワイトライクミー

手紙を書こうとしていた 白紙の前で1日
真っ白なままのそれは僕を飲み込む暗い夜
ただただ 何を見つめていたのかも
忘れて気付いた 平然と生きてきた自分を

生まれてきた意味なんて
たぶん どこにもないから
生きている事を喜べるように探すよ
君に渡すよ

真っ暗な夜は綺麗だ 光を追い掛けていく
星も 街灯も 君も ひとつひとつを見つめられる
ただただ そんな事が大切なのにな
見えている物の側で見落としている美しさ

生きる意味なんて物に
囚われてしまわぬように
目の前にある物と手を繋げますように
今 弧を描く

僕らの願いはきっと あの流れ星のように
一瞬 僕の胸を弾ませては瞬く間に消えた
見渡せば 何もかも輝いている
その光に気付いてあげられるなら
それが今日を生きた意味なんだよ

何もないなんて寂しい事は言うな
僕が望んだ場所にいないだけだ
何が綺麗 何が好き 君と見たい綺麗な星空
見つめたい 今 この世界

僕らの願いはきっと あの流れ星のように
一瞬 僕の胸を弾ませては瞬く間に消えた
見渡せば 何もかも輝いている
そのひとつに気付いてあげられたから
僕が今日を生きた意味になった
君に伝えたい事なんだよ