忍冬

だっていつかこじれて 駄目になるより
恋の匂いさせずに そばにいたいわ
たまに逢ってこうして飲めるだけでも
女として少しは 夢があるでしょ……

失くせない ひとだから
つづけるひと幕友達芝居 だけど

忍ぶという字は 難しい
心に刃(やいば)を乗せるのね
時々心がいたむのは
刃(やいば)が暴れるせいなのね

もっと楽な生き方 してもいいのに
なぜかわざと淋しい道をえらぶの……
今日は今日の傷みが胸をしめても
ひとり席を立つまで泣きはしないわ
ばかなのね 古いのね
死ぬまでひそかに 愛するなんて だけど……

いとしい花なら 忍冬(すいかずら)
夏でも秋でも春の日も
どうしてわたしのいとしさは
忍ぶという字がつきまとう

忍ぶという字は 難しい
心に刃(やいば)を乗せるのね
時々心がいたむのは
刃(やいば)が暴れるせいなのね
Lai Lai Lai……
Lai Lai Lai……