つづくいのち

高く並べられたものを見て
“価値のあるものになれ”と
無感情の渦に 惹かれつづけていく

淡く 既に散らばった いのち
価値あるものとは、何故?
聞こえづらいようで 聞いていない僕らだ

つづいていくから
いのちの果てまで

美しい終末を迎えた
それを迎えにきた いのち

自由を許されずに
自由を許されている

僕たちは再生を 象り
ほんとうのかたちに あこがれた

“波をみて 名前を一つずつ 決めていく”

対っていくから
こたえの渦まで

つづいていくから
いのちの果てまで