あわて床屋

春は早うから 川辺(かわべ)の芦に
かにが店出し 床屋でござる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

こがにぶつぶつ しゃぼんを溶(と)かし
おやじ自慢(じまん)で はさみを鳴らす
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

そこへ兎が お客にござる
どうぞ急いで 髪刈(かみか)っておくれ
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

うさぎァ気がせく かにァ慌てるし
早く早くと 客ァ詰めこむし
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

邪魔(じゃま)なお耳は ぴょこぴょこ するし
そこであわてて チョンと切りおとす
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

うさぎァ怒るし かにァ恥(はじ)ょかくし
しかたなくなく 穴へと逃(に)げる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

しかたなくなく 穴へと逃げる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな