別れ船

名残りつきない はてしない
別れ出船の かねが鳴る
思いなおして あきらめて
夢は潮路に 捨ててゆく

さようならよの 一言は
男なりゃこそ 強く云う
肩を叩いて ニッコリと
泣くのじゃないよは 胸のうち

望み遙かな 波の背に
誓う心も 君ゆえさ
せめて時節の 来るまでは
故郷で便りを 待つがよい