蘇州夜曲

君がみ胸に 抱かれてきくは
夢の船歌 鳥の唄
水の蘇州の 花散る春を
惜しむか やなぎが すすりなく

花を浮べて 流れる水の
明日のゆくえは 知らねども
今宵うつした 二人の姿
消えてくれるな いつまでも

髪にかざろか 口づけしよか
君が手折りし 桃の花
涙ぐむよな おぼろの月に
鐘が鳴ります 寒山寺