本能の少女

ジェットのような真昼の嵐
轟いては地響き上げて
おののく私を囲むよに
ああ正体は蝶々の群れ

鮮やかな虹色の羽根
鋼鉄の鱗粉を散らす
生きているうちにしか できないことを
本能のみで知る者達 蝶々

吹き上がるグラデーション
金の鱗粉舞う中を
長い髪なびかせて
目を閉じて立ちつくす

マッハのよう春の日の嵐
彼らの姿は大自然
人間のように悩みはしない
第一蝶は自殺をしない

鮮やかな虹色の羽根
鋼鉄の鱗粉を散らす
私が死んだって世界は変わらないが
生きている意味なら つくるわ自分でつくるわ

生命力に水をさす
知性のベール脱ぎすてて
尊重するべきは本能
基本の生存本能

吹き上がるグラデーション
金の鱗粉舞う中を
長い髪なびかせて
目を開けて歩きだす