孤独の月

死神のいる街を はだしで歩く
希望という名の靴は 擦り切れてしまった
今は見えぬ太陽を 探すことも無く
さまよう魂の ささやきを聞くさ

孤独の月は 光を無くし
満ち欠けの無い旅を始める

天使のいる街の 雲の上を歩く
最後の夢のかけらは 落としてしまった
聞こえない鼓動を 探すことも無く
さまよう魂の ささやきを聞くさ

孤独の月は 光を無くし
満ち欠けの無い旅を始める