晴れた朝に君と手をつないで

僕の中にあるいざこざや迷いも
君の膝枕の上 すべて忘れる
青い芝生の香り 押し花のしおりを
ジョンレノンの詩集に挟んで
僕に目隠しをした

光の中で 君が笑う

晴れた朝に 君と手をつないで 出かけよう
丘を越えて 少し風が強いけど でも大丈夫

君の手のひらには 魔法の力がある
血に透けた日の光に 僕はまどろむ
風が運ぶ過去の歌 君の歌う歌が
木漏れ日から抜け出した 風を運んだ

光の中で 君が笑う

晴れた朝に 君と手をつないで 出かけよう
丘を越えて 少し風が強いけど でも大丈夫

白い雲は東へ 青い空は宇宙へ
地平線に見える 飛行機の尾翼が
太陽に反射して 飛び魚のよう
僕達は立ち上がって空にかけ出した

晴れた朝に 君と手をつないで 出かけよう
丘を越えて 少し風が強いけど でも大丈夫

晴れた朝に 君と手をつないで 出かけよう
丘を越えて 少し風が強いけど でも大丈夫

晴れた朝に 君と手をつないで