飛行船

開く扉
放たれた光
程なく
吸い込まれる人たち
生まれてきた理由が
その先にあると信じて
列は続いている

いまだに消えない疑問点が
裾つかむ
これは必要なことなのか
次々と飛び立つ飛行船が
巻き上げた塵の先
高く広い空

印などいらない
保証などいらない
ただ自分でいたいだけ
湧き上がる熱が
枷を溶かして
今、走り出す

並ぶボタン
でも押すのはひとつ
いつしか磨耗して
劣る機能
そんな日々で隙間をどう塞ぐ
いつでも足らなくて
求めてはみ出して

いつだってそうして気取っていた
たった数色を重ねて絵を描いていた
人々を連れ去る飛行船が
向かう本当の行き先も
まだ知らずに

印などいらない
保証などいらない
ただ自分でいたいだけ
湧き上がる熱が
枷を溶かして
今、走り出す