あなたが気づかないように

歩き出した足跡だけが私を追いかけてる
繋いだ手の温もり冷たくなっていく
振り返ればあなたの心は
すぐそこにあるのに
少しの強がりが足を進めていく

今なら今ならまだ間に合うから
引き止めても良いんだよ
私を私を

あなたのぶきっちょな笑い方が
私の笑顔のお手本だった
あなたの癖も好きな物全部
私にうつったってのに
どうしようもなく握った手の平が
あなたを忘れないようにと
あなたを思って泣いてしまえば
「弱いやつだ」と言われてしまうし
嘘を隠してしかめっ面で
こんな事意味もないのに
どうしようもなく噛んだ唇に
あなたが気づかないように

十字路を右に曲がればあなたとの恋が終わる
少しの我儘が足を止めてしまう

今だよ今だよ引き止めるチャンスは
追いかけてよ抱きしめてよ
私を私を

あなたの少し掠れた声が
私にとっての安心だった
あなたが笑う目尻のシワが
私なによりも好きでした
どうしようもなく閉じた瞼には
あなたあなたあなたばかり
振り向いてすぐあなたの元へ
走り出して「嘘だよ」って言って
涙交じり笑顔浮かべて
手を繋いでなんて出来ない
強がって歩いている事
あなたが気づかないように

二人の描く未来夢見て二人誓い
二人の明日の未来それぞれ別の未来