靴下

玄関先で帰れない いつもより少し長い喧嘩
冷静なふりをして靴下なおす

どうしてもう少しやさしい言葉を選んで話せないの
あなたの唇触れて涙がこぼれる

オレンジの金魚の真似して笑い転げた冬の日

光がさせばわたしのことも
忘れていってしまうかな
あったかくなったら思い出せなくなるのかな
冷えたコーヒーだけを残して

おなかが痛くなるほど 笑ったあとは少し怖い
明日もあなたが笑っていますように

太陽出会ったらわたしのことも
忘れていってしまうかな
あったかくなったら思い出せなくなるのかな
冷えたコーヒーだけを残して

太陽出会ったら先に一人で
歩いていってしまうかな
あったかくなってもずっと手をつないでいて
冷えたコーヒー飲み干したこの部屋
靴下は何度あげてもずり落ちてく