抱きしめたい

嗚呼 君を射止めた 夏の日差しの後で
薄紅 記憶の影が 長く伸びてくほどに
消えてしまいそうだから 本当に
君を離したくない

慌ただしい朝が 来る前に
もう一度君を 抱きしめたい

嗚呼 君の瞳が 陽炎みたいに揺れて
とぎれとぎれの言葉 胸に秘めた鼓動に
触れた僕の心は もうどうにもなりそうもない

朝焼けが 何度訪れても
夢なら消して 覚めないで

伝えるほどに 高まる
痛いくらいの 想い
傷つけるほど 抑えきれない
熱い口づけを 今 交わす

慌ただしい朝が 来る前に
もう一度君を 抱きしめたい