湖畔の人

あなたの目元は どこかしら
儚く飛び立つ鳥のような 美しさを忍ばせて

深まる二人を まばたきの動作の裏に閉じ込めて
どこかへ 羽ばたかせてしまう

誰かを想いながら
僕を離れて いつまでもここにある

きっと 待つ意味はもう
僕を離れて いつまでもここにある

あなたの瞳は どこかしら
風に戸惑う水鏡 その危うさで

漂う二人の空白を 紡いだ涙を写して
岸を離れてゆく
高く飛び立つほど 何も持たずに
羽ばたく理由も 無くしてゆける

誰かを想いながら
僕を離れて いつまでもここにある

きっと 待つ意味はもう
僕を離れて いつまでもここにある
いつまでもここにある