綺麗

例えばやるせなさを 君に話せたならば
少しだけ目を閉じて 立ち止まれていたのに
愛を知るのはいつも
失ってしまった時だとか自分勝手だね

見つめ合った時だとか
目をそらしてしまっては
せつなさを言い訳に わがままに染まるよ
だけど気持ちに嘘はつけないから
カッコつけてみても からっぽの中

目を閉じて今
記憶の雨に濡れた
君の影を追い越せたならば
さよならも綺麗な
思い出だと言える
嘘もつけたのに

街ですれ違ったのは 幼いままの僕で
1秒先の未来を 見せつけたかったのに
経験も生かせない 不器用さは
何度傷ついても
むなしいだけだね

答えを探すことに慣れてしまう前に

目を閉じて今
記憶の雨に濡れた
君の影を追い越せたならば
さよならも綺麗な
思い出だと言える
嘘もつけたのに

目の前は今
色彩を燃やす速さで
過去を壊してしまうのならば
さよならは今
かなしみを燃やす強さで
思い出の彼方