以津真天

絶島(ぜっとう)の 産んだ 白露(しらつゆ)が
珠(たま)と 初(そ)める 蛹化(ようか)に 目が眩む

月桂(げっけい)を 浴びた 嬰児(みどりご)の
歌う 故の 多さに 鼻白(はなじろ)む

其の 内向きさえ 晒(さら)せば 麗句(れいく)
顋門(ひよめき)まで 辿るが 運命(さだめ)

軽軒(けいけん)なれば いざ知らず
徒行(かちゆ)く 徒等(とら)の 歩み 何時迄(いつまで)
炯眼(けいがん)なれば 其は 永し
暮れゆく 折(おり)に 憚(はばか)りて 参れ

月桃(げっとう)に 遊ぶ 蜜蜂が
騙(かた)る 嘘の 叢話(そうわ)に 笑みこだる

絶景に 浮かぶ 灯蛾(ひとりが)は
下駄を 履いて 潰れて 顰(しか)め面

其の 内向きさえ 晒(さら)せば 麗句(れいく)
顋門(ひよめき)まで 辿るが 運命(さだめ)

霊験(れいけん)なれば 然(さ)もあらぬ
まやかす 味の 旨み 何時迄(いつまで)
慧眼(けいがん)なれば 其は 流罪(ながし)
成り行く 任(まま)に 謀(たばか)りて 参れ

嘯(うそぶ)きさえ 醸(かも)せば 含み
微睡(まどろみ)など 破りて 抛(ほう)れ

軽軒(けいけん)なれば いざ知らず
徒行(かちゆ)く 虎の 歩み 何時迄(いつまで)
炯眼(けいがん)なれば 其は 永し
粗末な 檻を 食い裂いて 吼(うた)け