マイ歌ネット この動画を追加

Blue.2

この曲の表示回数
3,967
歌手:

羊文学


作詞:

塩塚モエカ


作曲:

塩塚モエカ


いつの日か君がいなくなって、
この穴ぼこに僕一人と
なんかくだらないものを詰めて、
埋めなきゃいけない日が来るってことは
もうずっと昔からわかっていたから、
涙もでない。
流れるテレビのニュースでは
当たり前に誰かが死んでって、
僕はといえば、パンをかじる。
手を繋いで、息をとめて、
セーラー服が、時を止めた。
大人になるには早すぎた。

大人になるにはまだ早く、
子供でいるには知りすぎた。
手を繋いで、息をとめて、
セーラー服が風に揺れる。
手を繋いで、息をとめて、
愛しい君の目が血に染まる朝。
朝がまたきた。空が赤く滲んでく。

いつの日か君がいなくなって、
この穴ぼこを僕一人で埋めりゃいいんだって、
それくらいのこと。記憶はだんだんと色褪せて、
ニュースでは人が死んでって、
それくらいじゃ嫌だ、それくらいじゃ嫌だ。

大人になるには早すぎた。

 

この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード:

羊文学 人気曲

デイリー動画歌詞ランキング

  1. Foorin - パプリカ

    1

    Foorin

    パプリカ

    再生回数 33,686,536回

  2. 米津玄師 - 馬と鹿

    2

    米津玄師

    馬と鹿

    再生回数 19,830,528回

  3. あいみょん - 空の青さを知る人よ

    3

    あいみょん

    空の青さを知る人よ

    再生回数 19,678回

  4. 米津玄師 - Lemon

    4

    米津玄師

    Lemon

    再生回数 455,675,661回

  5. あいみょん - マリーゴールド

    5

    あいみょん

    マリーゴールド

    再生回数 122,255,044回

MORE