恋する団地

秘密の中へ ボクも一緒について行っても良いかな
転がる石ころのように ありがちさ
恋する魔法 コーラスはハロー♪
優しい涙 隠さないで
照れずにハーモニー 響かせて 夏の雲の上

思い出しているの 黄色いイチョウの葉に書いたラブレター
とても好きだよと 言えずに終わってしまった
君が見てた 見てた 少し先の未来の景色がブルーに見えたから
とても不安さ 宝物は壊れ易いものだから

21世紀の世界はこんなに素敵さ
赤いポストに打ち明けた桃色の微熱
二つ先の未来まで 手紙は届くよ
ボクから君に 恋する300m

この町の中で いつも恋について二人で話そう
道草なしの人生などないのさ
どうするハニー? 公園のハト
仲良く 並んで歩いているよ
このままずっと こうしてずっと 並んで歩いているよ

もし君のハートを揺らす何かが
この四角い街の 外にしかないと知っているのなら

秘密の中で 君の鼻歌が聞こえた気がしたよ
秋の空がさよならと言った 季節はもう冬
光のブーケ 照らす町並み
丘の上 しゃがんで泣いているの
照れずにハーモニー 響かせて 四季の香りに

この町の中で いつもの恋するユーモア 一人飲み干して
道を歩く時間ならあるのさ
どうするハニー 公園のハト
仲良く 並んで飛んで行くよ

濃紺に溶けた影が二つ 恋に染まっているよ

この町の温度は ずっと前から変わりないよ