マイワールド

夜がまだ揺れてただ響く花火の音
ここからのその色はまるで可憐な油膜

一度だけ最後まで乗れた低く白い波
辿り着くその先を軽く流して消える

錆びついた間も燃え残る君の本当
まだ折れていないなら
スリー・ツー・ワンで時代の宇宙へ

透明な幻想を乗せて舞う
淡い夏の宴 マイワールド
永遠と無限を創る輪
君と僕の縁廻る

何気ない日に交わす声や風のない日に浮かぶ雲も
その一瞬がすべて
伸ばす両手 全部乗せて

錆びついた間も燃え残る君の本当
まだ折れていないなら
スリー・ツー・ワンで時代の宇宙へ

透明な幻想を乗せて舞う
淡い夏の宴 マイワールド
永遠と無限を創る輪
君と僕の縁廻る

淡い夏の宴 マイワールド
君と僕の縁廻る