地吹雪情話

初めて履いた カンジキに
足を取られて 道に這(は)う
なんでこんなに 荒れるやら
津軽 地吹雪 雪嵐(あらし)
惚れたあなたの 後を追う
女のこころを 通せんぼ

行くなと叱る 母の手を
払い除けたも 恋のため
親の代わりに 頬を打つ
津軽 地吹雪 雪飛礫(つぶて)
負けちゃいけない 泣いたなら
なみだの氷柱(つらら)が 胸を刺す

凍(しば)れる指で 角巻(かくまき)の
雪を払って また急ぐ
愛の強さを 試すやら
津軽 地吹雪 雪簾(すだれ)
夢を捨てずに いる限り
いつかはあなたに 追いつける