Tide of Memories

誰に向かって 僕らは駆け出す
打ち付ける雨を くぐり抜けよう

必ず君を連れて行く その先に見せたい景色がある だから

君の寝顔に護られるように 僕は強さを捜し求めた

深い霧が包んでも 僕ら手を握りしめ
荒波に呑まれても はぐれないように
僕らの目指す道が 雨雲で隠れても
僕らの物語を 護り抜けるように

必ず君を連れて行く その先に見せたい景色がある だから

口ずさむのは 幼い頃の歌
思い出の中 思い出した愛の唄
闘う人たちが 語り継いだ唄
逃げない人たちが 護り抜いた唄

いつか君の体が灰色に染まっても
握りしめたこの手を離さないように
いつか君の記憶が削れて奪われても
僕の名前だけは忘れないように

君に宿る光が 消えかかるそのときも
年老いた君の手を 離さないように
僕を探すこの手を 離さないように
僕を探すこの手を 守り抜けるように