恋月夜

どうして忘れられるでしょうか
あなたと逢う為 生まれた私
女の心の 奥ひだに
刻みこまれた 熱い時間(とき)
深まる闇に 身を隠し
今日も逢いたい ああ恋月夜

涙で溶いた 紅をひいたら
あなたをさがして 命が騒ぐ
罪の重さに 耐えながら
夢の重さを 噛みしめる
くちびる肩に 押し当てて
寝息聞きたい ああ恋まくら

別れて暮らす 人生ならば
あなたのその手で 殺してほしい
女は心の 揺りかごに
愛を宿して 生きている
深まる闇に 身をまかせ
明日(あす)も逢いたい ああ恋月夜