化身

薔薇の棘を手で握った 紅い泪 見せたくて
帰るあなた 止めるための 愚かなる狂気

あなたの心は 夜の湖
そこに身を投げる自由さえもないのなら
今日は きっと

寂しさを殺(あや)めるために 私は変わるの
今までの微笑んだ菩薩はまやかし
独り占めできないのなら 夜叉にさえなるわ
教えて 何処へ還るつもり?
迷える 三千世界で

そう 優しくされるたびに 蜘蛛の糸に手を伸ばして
幽(かす)かな夢 掴んでいた 花咲く奈落で

言葉にしないまま 募る痛み
いつか沈黙の悲鳴を上げていた
それがジェラシー

憎しみを殺めるために 私は変わるの
地雷を踏んだのはあなたの躊躇い
悪あがきできないほどのサヨナラでもいい
断ち切る 囚われの鎖を 此処で

傷だらけのこの心 音をたてて疼いても 希望は生まれる 今 泣いても

寂しさを殺めるために 私は変わるの
今までの微笑んだ菩薩はまやかし
独り占めできないのなら夜叉にさえなるから
教えて 何処へ堕ちるつもり?
偽る 三千世界で