Doll'sBox

ほこりのつもった窓のしたで
きこえるすずの音
とびらのむこうの笑い声が
あふれてくる

おきにいりの寝まきを着た
ぴかぴかのひとみ
時計の針とにらめっこしてる
とても うれしそうだね

祝福のそらに白いゆきが
降りはじめたらあなたのもとへと
いいこにしててね 一年に一度きり
しあわせが 届くよ

はじめて出会った朝のことは
おぼえてないでしょ
すてきなドレスもばらの花も
なかったけど

聞きじょうずなわたしはすぐに
ともだちになった
言葉にしてつたえられないけど
とても うれしかったの

はじめての冬はうでのなかで
おそろいの髪かざりをねだった
なまえをつけてね やさしい声でずっと
呼んでいて ほしいな

大切なひとからプレゼント
去年よりもずっと大きいね
リボンをほどくたびにあなたの顔で
ちょっぴり不安になるの

いつかはあなたも歳をとって
しわくちゃな手でわたしを抱いてね
さいごのときまで そばにいられるだけで
それだけで

人形は箱のなかでいつも
あなたのことを思い出している
あなたでよかった こんなに愛してくれて
本当に ありがとう