ぼくらの季節

間違っていたとしても この手を伸ばしてみたんだ
不器用なあの日の群像

風向きが変わって 少しドキドキした
何かが始まる予感知ったのかもしれない

坂の上から見下ろす海が一番好きだった
自分さえ探しあぐねた時は自転車で駆け下りた

間違っていたとしても この手を伸ばしてみたんだ
そうやってあがいて 重なる光の季節の群像
ふり返った街並に あの頃のみんながいるから
少し 笑って 僕はまた歩き出せる

黄昏の空がココロに入り込んで
寂しくなるのはさよならに似ているからかい?

帰り道のたわいもない笑い声が好きだった
あてどもない夢さえ願えば届きそうな気がしてた

行き先なんて知らずに 全力で走ったんだ
懸命に描いた 僕らの 不器用なあの日の群像
いつかまた会えた時にあの頃のみんなでいたなら 笑いあおう

間違っていたとしても この手を伸ばしてみたんだ
そうやってあがいて 重なる光の季節の群像
ふり返った街並にあの頃のみんながいるから
少し 笑って 僕はまた歩き出せる

それぞれの 葛藤があって みんな多分 言わないけど
自分自身と 戦ってるんだろう

行き先なんて知らずに 全力で走ったんだ
懸命に描いた 僕らの 不器用なあの日の群像
いつかまた会えた時にあの頃のみんなでいたなら
今日 みたいにさ バカみたいにさ 笑いあおう