粋彩遊戯

春かほる風は凪ぎ
塵と消ゆる夢
霞草が乱れ咲く
細く立つ雲は
紫苑に染められ
いとはかなきかな
無常なる

ふわり ふわり
漂ふ蜻蛉が
ゆらり ゆらり
火影に溶けてゆく

藍深く流る水
交わるたび
揺れうつろふ影
あはれなり
雨雫こぼれ落ち
響くたびに
いとかなしきかな
静けさを増す

あてもなく
徒然なるままに
かぎりあるみちは
いつしか目の前に

つかのまの
夢のまにまに
映る景色は
遠く遠く

うたかたの
涙さへ染めた
沙羅双樹の花の色
激しく燃える

はるかなる霞のむこうがわ
かすかに木漏れ日が差し込む

花 やがて露に濡れ悩ましく
鳥 高く狂ひ舞ふ艶やかに
風 さやか細い羽根吹き上げる
月 まで届くように

つかのまの
夢のまにまに
揺れる憂き世は
巡る 巡る

うたかたの
涙さへ沁みる
沙羅双樹のはなびら

遠く まだ遠く
あまづたふ
日のもとへ

巡る また巡る
現し世の
虚しさよ

深くしたたり穿つ血滴
大地が音を立てて割れる