ハローメロウ

同じように並べられた日々
甘さも苦さも感じない

僕らは痛みを胸に抱いたままで
もう一度 飛べる

手招くミライから光が集まって
君の元へ僕の声よ届け

どんなに悲しい夜だって 信じられるよ
大切なこの世界から
想いを伝えたい

何気なく見上げた青空
一筋 雲が駆け抜ける

僕らが歩みを見失うときにも
導いてくれる

明日のその先がわからない時だって
君のそばに 僕がいるよ ずっと

なんども眩しい朝が来て 重ねていくから
新しいその光 今 僕らを守るだろう

輝くミライへと光が集まって
君の元へ僕の声よ届け

どんなに悲しい夜だって 信じられるよ
大切なこの世界から
想いを伝えたい