Season ~君がいる景色の中で~

遠い春の日を 待ちわびた花は
薄紅色を差して まだ来ぬ日を夢見ている
夏は午後の雨 濡れる木々の影
戯れる鳥の声 時をもてあます

季節が変わるたびに 君とここで会えたなら

あたり前の景色の 中に大切なものがあるから
二人何か見つけながら 歩いてゆくことがとても嬉しい

引き潮みたいに 秋が訪れて
寂しさよりも先に 人を愛す出会いがあり
冬に舞う雪は 流れない涙
心の中に積もる 温かな記憶

季節に彩られた 時を集め絵に描こう

あたり前の景色が いつまでもそこにあるわけじゃない
変わりゆくものだからこそ 君のことを変わらず愛している

人は皆一人きりで 閉ざした胸支えきれない

あたり前の景色は 君がいるだけで特別になる
次の季節をまた君と 迎えられることはきっと幸せ