親友よ

季節外れの 椿の花が
日暮れ待たずに ポトリと落ちた
「胸さわぎって あるんだなぁ」
静かに眠る 眠る横顔が
遅いじゃないかと 笑っていたね

思い出すだろ 昔のことを
将来(あす)を語った 一杯呑み屋
「こころの声って あるんだなぁ」
しばらく逢って 逢っていなくても
片手を合わせリャ いつもの二人

幼(おさ)な馴(な)じみで 似た者どうし
肩を並べて 大人になった
「夢の知らせって あるんだなぁ」
頼むよお前 お前置いてくな
ゆくなら故郷で 待っててくれよ