シナリオライター

名前もないような道の上
助走をつけなくても飛べた夜
冒険ごっこのシナリオの
ページはあの日から白いまま

気にされたいのが本音だよ
上手になりすぎた、かくれんぼ
君に見つけて欲しいから
僕だと分かるように咳をした

持って行けるモノ・行けないものを書き出しても
きっと心の中では気付いてる

あの日僕らに見えた ありもしない景色が
今僕を歩かせた
挫けそうになる時、聞こえた声があったよ
大人のフリする程、弱い場所を知るんだよ

書いたそばから消してゆく
ページは真っ黒な羽になる
なり振り構わず生きたから
見せたくない傷もココにちゃんと在る

今が終わりなら、これからが始まりなんだよ
ドアを開けるのは何時も恐いけど

涙がこぼれそうなら何度でも書き換えた
ありもしないあの頃の景色を
言えなかった言葉が、次のセリフになったら
地図にないあの場所で、また出会えますように