さよなら

瞬く間に 過ぎた
あなたとの 日々
振りかえると 戻れない
届けられた さよなら

まだ 夕闇にさえも
包まれた ままに
途惑(とまど)いながら 受けとめる
最後のさよなら

“愛してた”なんて
ただ一言
呟く街は いつも沈んで
Klaxon

変わらない 恋には
うその影 一つ
迷い込む 季節さえ
見失なった さよなら