milk tea

かじかむ手に息を吹きかけ 真っ赤な頬を暖めている
優しく 鼻にかかる声は マフラー越しでも 響く

本心を見せるのが苦手だ 格好つけな僕の奥の奥へ
君が入ってくる

好きなんだ 花束もリボンもつけないで この言葉を贈るよ
照れ隠して 笑う君を見てると ぎゅっと胸が音をたてる

僕らは時をとめられない 年をとり 忘れっぽくなってく
気持ちに気付いた日のこと 忘れるのは嫌だなぁ でも

僕が地球に存在する 最後の日に
なんだか急にあの日のこと 思い出せそうなんだ

好きなんだ 花束もリボンもつけないで この言葉を贈るよ
照れ隠して 笑う君を見てると ぎゅっと胸が音をたてる

好きなんだ 君に伝えた夜は 今日のような風が吹いていて
やっぱり 離さないよう この手に ぎゅっと力を込めるよ