film

雨上がりの虹を見つめながら この旅の未来を抱いていた
泣いたり怒ったり笑ったりしながら 心のフィルムを増やしてくんだろう

遠回りをしてたどり着いた この場所は気持ちがいいもんだ
思い出の隣で振り返ってみれば 笑ってる僕らがいた

出会いの言葉が海に沈んでいく 別れの言葉さえも言えぬままに
そうさきっと後悔ノンフィクション抱いてる 足跡だけは消さぬように

残像を残すよ 別れの数だけ
かっこ悪くて情けない
でもちゃんと生きるよ
繋いだその手はもう離しはしないから

独りよがりを繰り返す弱さも 誰かと交わっていく怖さも
一つ一つ未来の僕が笑うため 不器用に愛していこう

残像を残して あなたへ示すよ
「ちゃんと僕らは生きてるよ」
こっちの世界を あなたへ歌うよ もう話せはしないから

思い出した夢を紡いでいた 壊れそうなフィルムにまだ頼っていたんだ
「きっと君は笑っていれる。いつだって誰かがそばにいてる。」
君が残したその言葉に 今も僕は頼っていたんだ
きっと僕は笑っていれる いつからか言葉は夢に変わる

残像を残すよ 別れの数だけ
かっこ悪くて情けない
でもちゃんと生きるよ
繋いだその手はもう離しはしないから

残像を残すよ…
でもちゃんと生きるよ
繋いだその手はもう離しはしないから