Stray Moon

鉛色した寒い朝の空気
キミのかすれた声を震わせたら

かじかむ手をとり ふざけた合図で
飛び出す こわくても

掻き分けて キミのこころに触れる
見上げたら はぐれた月が
言いかけた言葉の行方を照らす
笑わないで 聞いてくれないか

濡れて輝く錆びた古い線路
キミの好きなあのレコードの表紙

真似した僕らの似合わないポーズ
バランス 崩しても

懐かしいあの名曲をうたう
途切れたら想い出してよ
聞き訳の悪い子どもみたいに
日が暮れても とぼけていよう

もう何度目かの汽笛に合わせて
追いかけた背中が息を切らして
まぶしい光も 冷たい空気も
閉じ込めてもすぐに逃げてしまうけど

掻き分けて キミのこころに触れる
見上げたら 黄金色 月が
言いかけた言葉の行方を照らす
笑わないで 僕と行かないか