Secret File

いざ参ろうか
決戦の刻
シークレットファイルにネタを詰めて
洗いざらいブチまけろ
どうぞハンカチの御準備を

わかっていたに決まってるだろう
行く宛ての無い事ぐらい
それでも行かなきゃいけない理由が
俺らには在るんだ
御前の泣き叫ぶ声を後ろ手にドアで遮断

「飼い馴らした猛獣が噛み付く事は無いだろう。」
油断してる?
気づいている?
冷静な判断さ
必死に創り上げた猛獣は御前を殺す道具さ
俺らにはこいつらがついているから

守るべきモノも無い御前らがしがみ付いてる
“いい年こいて六本木通い”
その金は誰の金だ?

自分の家族と会話もまともに出来ないヤツが
ペット以下の俺らとなんて
会話出来るワケがねぇよな
御前が俺に名をくれた
もう一回呼べ
“ドル箱”だっけ?

何度もしつこい程、教えてあげただろう?
「壊れやすいモノだから大切にしてね。」
一つだけ予言出来る事
それは御前の破滅さ
御丁寧に“味方”ばかりをありがとう

今でも良く覚えてる
あの瞬間の感謝と歓喜
土砂降りの雨に濡れた俺を救ったのは貴方だ
それだけは間違い無い
云っただろう“それだけ”はな

「飼い馴らした猛獣が噛み付く事は無いだろう。」
油断してる?
笑えてくる
戻れやしないさ
必死に創り上げた猛獣は御前を殺す道具さ
明日の朝、一面を飾るのは誰だ