年上の女

だから分って ほしいのと
そっとからんだ 白い指
放したくない つらいのよ
だめよ だめだめ つらいのと
泣いてすがった 年上の女

髪の乱れの ひとすじに
甘い香りを 残してた
胸のしんまで もえたのよ
だめよ だめだめ いけないと
いのち燃やした 年上の女

燃えるせつなさ 苦しさを
そっとおしえた 雨の夜
二度と逢っては いけないわ
だめよ だめだめ つらいのと
涙で別れた 年上の女