100

いつもの声を聞かせておくれよ
いつでも新しい暮らしを待っている
野良猫 耳がキュート
窓あけておこうね もうすぐ夏が終わる

そこから降りておいでよ わかってよ
できることならどこでも ついていくのに
頼りない言葉も全部信じるからさ
続け近くまで

足並みそろえても
うまくはいかないかも
変わったふりしても
変われるはずもない
にぎった手のひらに
詰め込む音たてずに
正しいやりとりを
ひとつだけ教えて?

見慣れた街に溶け出してゆく
灯りをつける前の色・色・色!
そのまま
淡く揺らぐのは意味のない
嘘はかりさ

momo…

止まったままのきみを
ここで僕はきっと忘れない
そんなことを会えてまで
言わないけど待っていて