なぞのなぞりの旅

庭のまん中でまるく小さくなった犬の
そのまんままぁるいあくびがひとつふたつみっつ
そしてぼくの部屋の窓には真昼の月
半透明の月はざわめきの数だけ空にうかぶ

ひどい汗をかいたままで
ぼくはぼんやりしてる
だけど頭の中ではしゃべってる
ほんとう きみなんかよりもずうっとしゃべっている
ぬるい真昼の静けさなんて
こんなふうにできてる

そこに砂ぼこりだ
ふいてもふいても砂ぼこり
もうぜんぶやめちゃって指先でなぞりはじめるよ
グルグル部屋中をめぐるなぞのなぞり旅
そうして気づくんだ君はあの逃げ水の中だってことを

ひどい汗をかいたままで
ぼくはぼんやりしてる
だけど頭の中ではしゃべってる
ほんとう きみなんかよりもずうっとしゃべっている
ぬるい真昼の静けさなんて
こんなふうにできてるんでしょうからね