月アカリサイレース

その言葉もウソだって言ってよ 何も分らなくなるよ
小指をつないでくれたあの時に 戻してもう一度
僕らは汚いものほどなぜだかよく見えてしまうから
ひとさし指でそっと隠して 月アカリサイレース

悲しい唄だとあざ笑う君は
また目をそらして見ないふりをしてる
冷たいモノクロの夢の中で
たった一つ色を降らす星を見た

憂鬱の頂上で 何もかも見えなくなって
誰かの手でこの時を繋ぎとめた
月明りが照らした 大丈夫って言わないで
どうか僕に目が眩むほどの光を
どうか僕に

あの言葉もウソだって言ってよ 何もわからなくなるよ
全てを閉ざした君に今そっと 月アカリサイレース

悲しい唄だとあざ笑う君は
また目をそらして見ないふりしてる
冷たいモノクロの夢の中で
たった一つ色を降らす星を見た

憂鬱の頂上で 何もかも見えなくなって
誰かの手でこの時を繋ぎとめた
月明りが照らした 大丈夫って言わないで
どうか僕に目が眩むほどの光を
どうか僕に