新しい朝は来る

何を言われても言い返せない弱虫が
黙って傷付き1人で泣いていた
「生まれてこなければよかったのに。」
とつぶやいて、この胸切り刻んでいたの

そんな雨のような日々に
大きな傘で包んだくれたヒト
あなたを忘れるなんてできないから

新しい朝は来る
どんな顔していても
雨のち晴れで人は支えあってゆく
私の手を引いたあのうしろ姿は
もう遠く小さくなってしまったけど

目を開ければ輝く窓辺のグラス
空から注がれている優しさ
こんな些細な景色が目に映るって
それなりに立ち直れてるね

どんなに“ありがとう”って思っても足りないけど
私は今、少しずつ笑顔を拾い集め出せているよ

新しい朝が来て
明日が今日になる
いらないと思っていた未来に立っている
消すことのできない記憶ならそのままで
ただ乗り越えていまえばいいんだよね

新しい朝は来る
どんな顔していても
悲しみのすべてが敵とは限らない
心を着替えたら外へ出かけてみたよ
色付いた景色が広がっていた
この先にいる私に会いに行く